机と学用品の学期末整理法(中・高校生編)

学期末整理も中学生は学期に1回
高校になると、1年に1回に激減

まずこの年齢「めんどくさ〜いムスっ」となかなか動いてくれないむかっ
しか〜し!やる気が出るのも待ってられないフンッ


クローバー声掛けもちょっと難しい年頃です

この時期の年齢の子と、片づけをする時は
事前に相談して、子供に予定を合わせることが大事です

親の都合では動いてくれないので、相手に合わせることが必要です


クローバー勉強机を、休み前に整理するメリット


■課題と提出物が確認出来る
■やるべきことがわかれば、長い休みを有効に使うことが出来る

これから、受験など控える子供には大切なことですにこ


クローバーお片づけ工程

■全部出す!
■使っている・使っていないを分別
■使っているモノを机に戻す




「もう後には引けないアセアセ」それくらい豪快に出しましょう!

分別は箱よりも、古新聞を入れる袋が便利ですよ
(可燃ごみならそのまま捨てられます)

〇藩僂靴討い
∋藩僂靴討い覆い韻品歛検紛飢塀顱Ε痢璽箸覆鼻
I塒廖_椎海班塲海瓦澆吠別・処分

分別の判断は全て子供に任せます

私は、棚や引き出しの中身を出す係り&掃除
アドバイスは、子供が分別に迷った時だけにします



1年分のごみ
大学生の姉も、同日片付け参加(2人分の不用品)


クローバー教科書

中学生の間は、高校受験が終わるまで教科書は保管しました
(受験が終われば3年分処分)

高校生は、学年ごとに教科書を購入するので
収納するためのスペースを空ける必要があります

選択科目もあるので、部屋に置く教科書の選別は本人に任せますが
やはり、大学受験の可能性もあるので教科書は保管します


保管用の教科書の収納場所は、部屋ではなく外収納です

クローバープリント

■テストは本人管理

日々の授業プリントは、いつものラックに「ざっくり保管」です
関連記事はこちら→(机と学用品の学期末整理法(小学生編)



中学生のプリントは、1年間保管していました
・・・というのも一度だけ
1学期に配られたものを、2学期使うことがあり失敗
びっくり

本人がきちんと話を聞いていれば、問題ないのですが
中学は提出物など評価に響くので、念のため保管し春休みに処分
(ちなみに翌年使用するプリントはありませんでした)

進路に関する書類は、保護者が保管していた方が安心です

3年生になると、成績も含め、受験校に出す書類の記載内容を確認します
欠席や部活動などの成績や表彰・・・記録を残しておくのも大事です


よつばのクローバー散らかっててもいいんです

ちょっとお恥ずかしいけど、片づけ前の高校生の机です

テスト中とはいえ、散らかってますイヒヒ

(before)
 











 (after)
 












片づけ時間は3時間程度

「使用しているモノ」を元に戻した状態です
ちなみに彼女は左利きのため、そば机は左側

子供たちにとっても、家庭は生活の場です
日々忙しく生活していれば、ちらかるのは当然です

でも、もとに戻せるなら、普段はちらかってもいいと思ってます

正直、散らかっていても本人は困らないんだと思います
でもこの年齢だからこそ、親子で片付けを楽しんでいます

母「これかわいいね!!どうしたの?」
娘「友達にもらったの〜
ゆう★

母「あれ?!また漫画増えた??」
娘「ゆう★ えへへハート

不思議と机の中も持ち物も「見ないで!!」ではなく
情報や趣味の共有ができます

自分の家だもの
勉強だけでなく、趣味も楽しめる空間であってほしいなと思います

*思春期の片づけ関連記事*

 「部屋編はこちら
 
クローゼット編はこちら


 


 JUGEMテーマ:整理収納
 


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
書いた記事数:262
最後に更新した日:2017/02/24

青山 順子 (Junko Aoyama)

整理収納アドバイザー/親・子の片づけマスターインストラクター

その他 活動

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM