育児日記が教えてくれたこと

こんにちは

整理収納アドバイザー&
親・子の片づけマスターインストラクターの青山順子です

マスターインストラクターの勉強で
子供が小さい時、どんな関わり方をしていたか振り返るため
育児日記を読み返したことがありました

出産時から3歳くらいまでの記録でしょうか
毎日、2行くらいの簡単な日記です
期待度ゼロ
子供に対して、良い意味で「期待度ゼロ」な自分を発見

日々の日記には、
「今日、出来るようになったこと」が書いてありました

「この月齢だから」とか全く気にすることなく
嬉々と娘たちの成長が記してありました

文面からは「困ったな〜」といいながらも、
それを楽しんでいる感じすら読み取れ
「今より私、器が大きいの?!」と思ったほどアセアセ

学校に行き始めると、期待度が上がったり、
成績も含め、次第に人と比べることが増えました

日々の子供の姿「ありのまま」を受け止めてる
そんな、昔の自分に「ガツン」と殴られたような気がしました
 
イクメン?!
夫が世にいうイクメンだったゆう★
元々子供とはよく遊ぶパパでしたが

ある日は、2人を連れ、自作のおにぎり持参で1日中おでかけ
ある日は、団地内の公園を7つはしご
またある時は、まだおむつの長女と2人旅 等々・・・

毎週末、夫が1人で小さな2人の娘を連れ、
遊んでいた様子が書かれていました
(私はついて行きませんkyu

夫は、家事は全くやらないので
イクメンではないと思ってましたごめん

でも、すごく育児には
積極的に参加し楽しんでくれました

「出来て当たり前」
「やってくれて当然」

家族に対して
感謝が足りていなかったかも・・・と反省パンダ
 
気づき
「気づかない」と、そこにあっても「見えない」と同じです

でも「気付くこと」によって「見える」ようになります



過去の自分に教えてもらった、大切な「気づき」
毎日の生活でも忘れないよう心がけようと思います


親・子の片づけは家族の片づけでもあります
片づけから、気づく家族への想いがきっとありますよ


****現在、募集中の講座です****

親・子の片づけインストラクター2級認定講座
一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 認定講座)

◆開催日時:平成28年7月9日(土)
 10時〜16時(受付9時45分)

◆会  場:草加市文化会館

◆アクセス:東武スカイツリーライン・東京メトロ日比谷線直通
        松原団地 徒歩5分(地図

◆主催者  :bittersweet home 青山順子特定商取引法に基づく表示

  カリキュラム内容

  □ 片づけがはぐくむ生きる力
  □ 片づけにおける親の役割
  □ 片づく仕組みづくり 7つのステップ&6つのポイント
  □ 子供が片づけてくれる関わり方の基本
  □ ワーク・我が家の改善点をみつけよう

担当講師:青山順子(親・子の片づけマスターインストラクター)
受講料 :27,000円(税・テキスト代・認定料込み)
定員数 : 8名(最少催行人数3名)
募集期間: 平成28年7月7日(木)まで

  お申込

お申込はこちらから→(申し込みフォーム)


*全国で開催中!! 詳細はこちら→








 

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
書いた記事数:392
最後に更新した日:2018/04/24

公式HP bittersweet home

青山 順子 (Junko Aoyama)

整理収納アドバイザー/親・子の片づけマスターインストラクター

その他 活動

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM